FLINT キーボードを作ろうぜ!キットの使い方



スイッチサイエンスさんで販売しています

概要

プログラミングを必要とせず、はんだづけだけで、お好みのキーボードを作れるキットです。

基板のパターンが109日本語キーボードの配列で並んでいますので、そこにスイッチを付けるだけで完成します。

パソコンにUSB接続するとキーボードとして認識しますので、好きなスイッチのキーボードが簡単に自作できます。

仕様

コネクタ:microUSB-B USB1.1準拠
対応OS:日本語版 WindowsXP以降 109日本語キーボードとして認識します。
電源:USBより給電
基板サイズ:100x84mm
※109キー以外のキーは、環境によって使用できない事があります。

動作確認

※はんだづけする前に必ず、動作確認を行ってください。

基板を触る前に、静電気を逃がしてください。金属部分に触らないようにご注意ください。

PCにUSBケーブルで接続します。

ドライバーをインストールしている旨の表示が出たら、インストールが完了するまで待ちます。

メモ帳などを開き、本体基板のSW1であるTest_Aボタンを押し、「a」がタイプされる事を確認します。

用意するもの

お好みの押しボタン・ケーブルなど任意の部品
microUSB-Bケーブル
ハンダこて、糸ハンダ、ピンセット、ニッパー等の工具

配線方法

1つのボタンに1つの端子のみ接続します、1つのボタンに複数の端子を付ける事はできません。

USBオプション

USB Micro-Bのコネクタが折れそうで不安な方に、USB-Bコネクタを付けるパターンを用意しました。秋月電子マルツで販売しているコネクタが使用できます。両方のコネクタを同時使用しないでください。

基板寸法

基板サイズと穴の位置は以下の通りです。取り付け穴を開ける時の参考にしてください。

工作例

デカいエンターキーを作ってみました。思いっきりエンターターン!!をする事ができます!

購入はこちらから